“種子島”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たねがしま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“種子島”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話](児童)100.0%
芸術・美術 > 工芸 > 工芸7.1%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌5.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
種子島たねがしま屋久島やくしまではこれに該当する区劃をバリ(晴)といい前晴めんばり西晴にしばりなどという。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
そのすきに、忍剣のうしろに身ぢかくせまって、片膝かたひざおりに、種子島たねがしま銃口じゅうこうをねらいつけた者がある。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)