“土竜”のいろいろな読み方と例文
旧字:土龍
読み方割合
もぐら81.1%
もぐらもち16.2%
むぐら2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ウン起きたか省作、えい加減にして土竜の芸当はやめろい。今日はな、種井うから手伝え。くよくよするない、男らしくもねい」
春の潮 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
「茂兵衛だって、鳥や土竜じゃありませんよ。あの箱の中のような庭からどこをどう逃げ出したというんで? え、親分」
大学校の大教室に、椅子で煙草をんでござった、人間離れのした神々しいい処を見ぬ前だで——あれを見た目にゃ、こんなその、土竜見たようになってしもうた俺が手で
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)