“海酸漿”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うみほおずき75.0%
うみほゝづき25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“海酸漿”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
海酸漿うみほおずきのようにふっくらとしていて、髪の間から見える膚の色がきれいである。
源氏物語:28 野分 (新字新仮名) / 紫式部(著)
お庄は薄暗くなった溝際みぞぎわにしゃがんで、海酸漿うみほおずきを鳴らしていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「溶けたツて、此方こつちの眼じアあるまいし、餘計よけいなおせつかいだわ。」と輕く投出すやうに謂ツた。かと思ふと海酸漿うみほゝづきを鳴らす音がする。後はまた寂然ひつそりする。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)