“海酸漿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うみほおずき75.0%
うみほゝづき25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丹波鬼灯海酸漿手水鉢、大きな百日紅の樹の下に風船屋などと、よき所に陣を敷いたが、鳥居外のは、気まぐれに山から出て来た、もの売で。——
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
海酸漿のようにふっくらとしていて、髪の間から見える膚の色がきれいである。目があまりに大きいことだけはそれほど品のよいものでなかった。そのほかには少しの欠点もない。
源氏物語:28 野分 (新字新仮名) / 紫式部(著)
「溶けたツて、此方の眼じアあるまいし、餘計なおせつかいだわ。」と輕く投出すやうに謂ツた。かと思ふと海酸漿を鳴らす音がする。後はまた寂然する。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)