“異母弟”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おとうと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“異母弟”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
範頼に対しても、義経は異母弟おとうとであるし、こんどの軍の編制でも範頼は総大将であり、彼は一方の指揮官でしかない。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「さては、まさしく血縁の異母弟おとうと、九郎義経にちがいあるまい。——なつかしや、すぐ通せ。すぐこれへ」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)