“おとうと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
78.2%
義弟16.8%
異母弟1.7%
外弟0.8%
実弟0.8%
弟人0.8%
舎弟0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夕餉どきに帰りをれてあそんでいるを、父や母がらぬうちにとハラハラしてさがすのような愛が、彼女の眼にこもっていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それに、義弟の菊次郎を始め、巴屋七平、江崎屋清五郎などは、滅茶滅茶にててわせて、そのかすりを取ることばかり考えているんだ
今朝……四月二十七日の午前十一時頃の事、雨の音も静かなQ大医学部、大寺内科、第十一号病室のを静かに開いて、私の異母弟友石友次郎這入って来た。
冥土行進曲 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「では、新野におる玄徳は、同宗だし、わしの外弟にもあたる者。彼を請じて、大宴の主人役とし、礼をとり行わせたらどんなものだろう」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
京都の西川一草亭氏は、相馬御風氏の論文を見て、こんなに始終人生の事ばかり考へて居ては、肩が凝つて溜るまいと、自分の実弟て相馬氏と知合の津田青楓に訊いてみた。
「カワタ」の「タ」は弟人をオトト、素人をシロトという如く、皮人をカワトとめ、それがカワタと訛ったものか、或いは番太売女丸太・ごろた(丸くごろごろする石)などの「タ」の如く
エタ源流考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
舎弟か、——やあ大勢で揃って来たな。明日は出陣だ。みんなして門出を祝いに来たか」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)