“新野”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんや33.3%
ニヒノ33.3%
にいの11.1%
にひの11.1%
シンヤ11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孔明はかねてから新野の戸籍簿を作って、百姓の壮丁徴募しておいた。城兵数千のほかに、農兵隊の組織を計画していたのである。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
信州新野の雪祭りに出るしようじっきりと言ふ黒尉は、其上更に、もどきと言ふ役と其からさいほうと称する役方とを派生してゐます。
翁の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
いわゆる勝北新野荘は、ほぼ今日の勝田郡新野村の地に当っている。この荘園は古く東西の二部に分れた。このほかに新野山形という大字もある。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
風花の空にちて、日和うららよとの。遠山は霜月祭、新野にては睦月西浦田楽北設楽は花祭とよの。さてもめでたや、雪祭のとりどり。
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
拙者が潁上からこの地方へ遊歴してくる途中、百姓のうたうのを聞けば——新野劉皇叔、ココニ到リテヨリ地ニ枯田ナク天ニ暗日ナシ——といっていました。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)