“笹野新三郎”の読み方と例文
読み方割合
ささのしんざぶろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と言うのは、南町奉行与力の筆頭笹野新三郎、奉行朝倉石見守の智恵袋と言われたほどの人物ですが、不思議に高貴な人品骨柄です。