“笹野”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さゝの72.7%
ささの27.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と言ふのは、南町奉行與力の筆頭笹野新三郎、奉行朝倉石見守の智惠嚢と言はれた程の人物ですが、不思議に高貴な人品骨柄です。
「へエ、親分は學があるからたいしたものだ。——笹野の旦那もさう言つて居ましたよ。平次は四角な字も讀めるから、唯の岡つ引には勿體ないつて」
「あの殺しは、俺には解らない事だらけだ。笹野の旦那にお目にかかってお智恵を拝借しよう。学者という奴は、こちとらには苦手だね」
近くの笹野笹野彫の玩具で有名であります。鷹、亀、鶏など色々刻みます。木をりかけにして羽だとか毛だとかを巧みに現します。郷土玩具としては出色のものでありましょう。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)