“嘸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さぞ81.0%
19.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
他人のを見てもわかりそうなものだが、自分のは見えないから立派にしているつもりらしい。冬なぞは寒いだろうと同情に堪えぬ。
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
新「本当にあんな事を云われるとなものでね、私は男だから構いませんが、お前さんは腹が立ったろうが、おさんには黙って」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
嫁入盛りだの……はいお目出度う……てはソノ火急な事であってぞ困ったろうが、昨日番頭が國綱のお刀を持って帰られたろうな
れを無理につかまへて、ねだつては話してもらひましたが、さかつたらうと思つて、今考へると気の毒です。
いろ扱ひ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)