いろ扱ひいろあつかい
これは作者の閲歴談と云ふやうなことに聞えますと、甚だ恐縮、ほんの子供の内に読んだ本についてお話をするのでございますよ。此頃は皆さんに読んで戴いて誠に御迷惑をかけますが、私は何うして、皆さんのお書きなすつた物を拝見して、迷惑処か、こんな結構な …
作品に特徴的な語句
おやぢ 結局つゞま 乗掛のつけ 理解わけ とゞ すき 嫉妬じんすけ すき なく こは かう わが 所為せゐ はふ わざ ごく 水沢みさは うる すゝき だけ 不可いか それ 友人ともだち 大人うし むすめ なまめ ひそか 悪戯いたづら ゆら 洋燈ラムプ 演劇しばゐ 目付めつ 脚色すぢ よろひ 串戯じやうだん もつ 其様そん 其積そのつも 十歳とを 可笑をか たゞ 大伴おほとも やす 悉達しつた にく 戸外おもて せい 田舎ゐなか さかづき まと まとま 薄葉うすえふ 親父おやぢ ばか さつ これ 仮声こわいろ 何時いつ 余所よそ しか 其処そこ なら 剣突けんつく 勿論もちろん くち しか たま ねえ 家扶かふ かば 従姉いとこ 惚込ほれこ そろ 敵役かたきやく これ しん さら しばら この 此頃このごろ 沙魚はぜ はなは しん 種彦たねひこ 綺麗きれい らん 蜘蛛くも