“其積”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そのつもり60.0%
そのつも40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だ更に初めても構いはせぬなア面白い初めようじゃ無いかし/\其積ず第一に此家の店番を呼び問正して見よう
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
エヽ麻布三軒家なんで。「うも大変に遠いね、まアい、ぢやア其積で。金「へいりました。 ...
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
ですが、江戸時代の文学だの、明治の文学だのと云ふ六ヶ敷いことになると、言ひうございますから、ね、小説、草双紙京伝本洒落本と云ふ其積りで申しませう。
いろ扱ひ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「そりゃ貴下さえ其積りで確乎していて下さるなら、私は何年でもお待ち申しますわ」
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)