“三軒家”の読み方と例文
読み方割合
さんげんや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
父は玄喜、子は玄悦で、麹町三軒家の同じ家に住んでいた。照は玄喜ので、玄悦の妹ではあるまいか。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
エヽ麻布三軒家なんで。「うも大変に遠いね、まアい、ぢやア其積で。金「へいりました。 ...
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
バッタが驚いて足下から飛び出した。「いくら汚れてもよいように衣物を着換えて来たね。」精は無言でニコニコしている。足には尻の切れた草履をはいている。小川を渡って三軒家の方へ出る。
鴫つき (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)