“三軒茶屋”の読み方と例文
読み方割合
さんげんぢゃや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これから二キロほど先の三軒茶屋よりもうすこし先のところから始まって、多摩川の川っぷちまでの間に多分みつかるだろう、と教えてくれた。
一坪館 (新字新仮名) / 海野十三(著)
此春妻が三軒茶屋から帰るとて、車はなしひょろ/\する程荷物をげていて居ると、畑にいて居た娘が
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「いえ御団子はありましたわ。そら三軒茶屋べたじゃありませんか」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)