“水茶屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みずぢゃや71.4%
みずちゃや14.3%
みづぢやや14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
顎十郎は、依然として無言のまま、先に立って弥太堀から横丁へ折れこみ、大きな料理屋のすじむかいの水茶屋の中へ入ってゆく。
に馬上の身を旅合羽にくるませたる旅人よりは、同じやうなるりし数人の旅人相前後しつつ茶汲女みたる水茶屋の前を歩み行けり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
う、酒屋てられて、此處からはえないが、坂下に、清水があつて、手桶けて、眞桑西瓜などを水茶屋が二ばかりあつた……も十一昔る。
月夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)