“京伝本”の読み方と例文
読み方割合
きやうでんぼん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ですが、江戸時代の文学だの、明治の文学だのと云ふ六ヶ敷いことになると、言ひうございますから、ね、小説、草双紙京伝本洒落本と云ふ其積りで申しませう。
いろ扱ひ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)