“義太夫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎだゆう88.0%
ぎだいふ8.0%
ちょぼ4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
知りまへんと芸者はつんと済ました。野だは頓着なく、たまたま逢いは逢いながら……と、いやな声を出して義太夫真似をやる。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
女の子を一人貰つて育てゝ、今は十五になるが、後々呂昇はんのやうな娘義太夫にすると云つて、文樂の男太夫に本式の稽古をして貰つて居る。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
芝居なれば義太夫にとって語るところです。
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)