“纒頭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てんとう42.9%
はな28.6%
しゅうぎ14.3%
はなむけ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
銀座の表通に燈火を輝すカフエーを城郭となし、赤組と云い白組と称する団体を組織し、客の纒頭るものは女給のである。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「芸は申すまでもない。したが、その上にもの花羞かしさよ。藤夜叉とやら、それ、纒頭をつかわすぞ」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
出ないのは当り前ですと、それから順を逐て、揚代の事纒頭の事箱丁の事女中の事、料理屋の事待合の事船宿の事、ことごとく説明らめた揚句、遊ぶなら金を遣うこと、遣わぬなら遊ばぬこと
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
政子は、かえって、機嫌よかった。静をさしまねいて、の花ねの御衣を、きょうの纒頭ぞと云って与えた。
日本名婦伝:静御前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)