“纒繞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まつは50.0%
てんじょう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
放縱な血を盛つた重いこの女の身體が、この先き何十年と云ふ長い間を自分の脆弱な腕の先きに纒繞つて暮らすのかと思ふと、義男はたまらなかつた。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)
みのるが自分の腕に纒繞つてゐる爲に、大膽に世間を踏みれないといふ事が自分に禍ひをしてゐるのだと思ふと
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)
めざましい焔色に塗り立てたモンテ・カルロ行きの乗合自動車は、橄欖の林と竜舌蘭と別荘を浮彫りにしてフエラの岬を右に見て、パガナグリア山の纒繞する九折の道を