“鉢叩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はちたたき50.0%
はちたた25.0%
はちたゝ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、別に可恐い化方はしませぬで。こんな月の良い晩には、庭で鉢叩きをして見せる。……時雨れた夜さりは、天保銭一つ使賃で、豆腐を買いにくと言う。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
する族而已丹波の荒熊三井寺へう/\と云張子の釣鐘或は鉢叩き願人坊主などと云者許りなれば勿々油斷は少しも成ず此金子の有事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)