“鉢前”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はちまえ57.1%
はちさき14.3%
はちまへ14.3%
はちめえ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ややありて渠は鉢前近く忍び寄りぬ。されどもあえて曲事を行なわんとはせざりしなり。は再び沈吟せり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
が、入交るのに、隣の客と顔が合うから、私は裏梯子を下りて、鉢前へちょっと立った。……
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いつぞや、同國にて、かの鉢前のバケツにありせたる雜巾をさして、金澤んとつたかえてゐるかとふ。れたり。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
転がすと、が出ようというやつを親指でなめずりながら、酒は鉢前で、焚火で、煮燗だ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)