“湯帷子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆかた92.9%
ユカタ7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしMはいつのまにか湯帷子眼鏡を着もの脱ぎ場へ置き、海水帽の上へかぶりをしながら、ざぶざぶ浅瀬へはいって行った。
海のほとり (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その娘は女中だったと見えて、稽古に隣へ来ていると云う外の娘達と同じような湯帷子を着た上に紫のメリンスでくけたを掛けていた。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
四十そこ/\の湯帷子がけの、分けた頭に手入れの届いてゐる点だけで、相当な身分を思はせる人だ。
雪の島:熊本利平氏に寄す (新字旧仮名) / 折口信夫(著)