“ゆかた”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ユカタ
語句割合
浴衣92.7%
湯帷子3.1%
裕衣1.4%
湯衣1.2%
浴帷子0.7%
單衣0.2%
沿衣0.2%
浴着0.2%
湯帷巾0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白地の浴衣に、この頃はやる麻の葉絞りの紅い帯は、十八の娘をいよいよ初々しく見せた。林之助はもう一度お絹とくらべて考えた。
両国の秋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
その娘は女中だったと見えて、稽古に隣へ来ていると云う外の娘達と同じような湯帷子を着た上に紫のメリンスでくけたを掛けていた。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
これがくと、大形裕衣つて、帯広解焼酎をちびり/\りながら、旅籠屋のふとつたげやうといふぢや。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
女は荒い中形模様の湯衣を着て、殆ど仰向きに倒れている。併し、着物が膝の上の方までまくれて、がむき出しになっている位で、別に抵抗した様子はない。
D坂の殺人事件 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
十八九ばかりの書生風の男で、浴帷子小倉袴を穿いて、麦藁帽子をって来たのを、女中達がいて見て、高麗蔵のした「魔風恋風」の東吾に似た書生さんだと云って騒いだ。
心中 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
束髮薔薇りもなき湯上りの單衣でたち、素顏うつくしき富士つきりて、秋風ふけどねきし塗柄團扇面影はなれぬ貴公子あり
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ある時、須磨子が湯上りの身体に派手な沿衣引掛けてとんとんと階段つて自分の居間に入ると、ふと承塵に懸つた額が目についた。
すると神楽殿の楽屋の軒先から池の上へ翼を伸してゐる百日紅の枝に、白つぽい浴着が一枚ふはりと懸つてゐるのを発見した。
創作生活にて (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
裸体の車夫が引ける武者絵の人力車に相乗せる裸体人、青物市場などに見る如き土間に売品を並べたる商家よ、中形湯帷巾を着たる天草よ、あなさがな、悪きは数へふまじ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)