“ひとえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒトエ
語句割合
単衣60.7%
一重20.9%
11.6%
4.6%
一枝0.6%
単物0.4%
單衣0.4%
0.4%
単放0.2%
単衣物0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、それを紛らすために衣裳鞄からポーラルの単衣単帯とを出して着替えたり、脱いだ衣裳を衣紋掛けに掛けたりしていると
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
猩々緋の服の上に、もう一重草色繻子の肩ぎぬを着ていたが、その背には「」の一字が大紋みたいに金糸刺繍してあるのであった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
呉服屋も、絵師も、役者も、宗教家も、……く夫人の手に受取られて、にその指環の宝玉の光によって、名を輝かし得ると聞く。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
風呂敷には、もう一品——小さな袖姿見があった。もっとも八つ花形でもなければ柳鵲があるのでもない。に、円形の姿見である。
びっくりして見上げましたら、それは古い白縞単物に、へんなのようなものを着た、顔の骨ばって赤い男で、向うもいたように亮二を見おろしていました。
祭の晩 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
それから繻珍夏帶とお單衣綾絹蝙蝠傘とを強請られてはせられたが、これは彼の消極的經濟に取ツて、預算以外の大支出で、確に一打撃であツた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
泰文はの直衣を素肌に着、冠もなしで広床の円座にあぐらをかいていたが
無月物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
地柄縞柄は分らぬが、いずれも手織らしい単放に、草履穿で、日に背いたのはかに腰に手を組み、日に向ったのは額に手笠で、対向って二人——年紀も同じ程な六十左右婆々
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
衣紋竹に掛けた裾模様の単衣物に着かえ、赤い弁慶縞の伊達締を大きく前で結ぶ様子は、少し大き過る潰島田の銀糸とつりあって、わたくしの目にはどうやら明治年間の娼妓のように見えた。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)