“単帯”の読み方と例文
読み方割合
ひとえおび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、それを紛らすために衣裳鞄からポーラルの単衣単帯とを出して着替えたり、脱いだ衣裳を衣紋掛けに掛けたりしていると
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
眼立たないが、贅沢至極な好みの衣裳で、気持のよさそうな博多の単帯で、胴のあたりを風情ゆたかにしめあげていた。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
派手な模様の白地の振り袖、赤地の友禅の単帯身長が高く肉附きがよく、それでいて形の整った体へ、垢抜けた様子にまとっている。そういう姿を衆人に見せて、彼女は佇んでいるのであった。
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)