“単純”のいろいろな読み方と例文
旧字:單純
読み方割合
たんじゅん70.0%
シンプル20.0%
ひとへ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
物見遊山してもそれはって単純なもので、普通はお花見汐干狩神社仏閣詣で……そんな只今した相違もないでしょうが
元来女の性質は単純な物事に信じ易いものだから、尚更こういうことが、るしく現われるかもしれぬ。それがめか、かの市巫といったものは如何も昔から女の方が多いようだ。
テレパシー (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
自力で道に入るといふことは、白隠のやうな人物ですら容易で無い。吾他力宗は単純に頼むのだ。信ずるのだ。導かれるのだ。凡夫の身をもつて達するのだ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)