“ひとへ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
單衣34.4%
単衣27.5%
一重22.1%
9.9%
1.5%
1.5%
一片0.8%
単弁0.8%
單瓣0.8%
単純0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
傷は出合ひがしらに胸を突かれたものの、刄物は幅の狹い匕首らしく、單衣の乳の下を一とゑぐり、なか/\物凄い手際です。
銘仙矢絣単衣に、白茶の繻珍の帯も配色がよく、生際の美しい髪を油気なしのエス巻に結つて、幅広ののリボンを生温かい風が煽る。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
で、いたので、宛然城址場所から、土塀に、一重てた背中合はせの隣家ぐらゐにしかじない。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
たりける因て久兵衞は逃損じたりと思ひながらもるゝだけは云拔んと何卒御免し下されよ私しは決して怪しき者に候はず御勘辨
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
涙をぬぐふ朱雀院を中心に、光源氏と、ものも言はずうち伏しゐる女三の宮と、それをめぐる女房たちの長い黒髪や、十二の衣の乱れるやうにひろがつてゐる場面が写されてゐる。
還りては一三我が從父一四にまし、また天の下治らしめしし天皇にますを、今に父の仇といふ志を取りて、天の下治らしめしし天皇の御陵を悉に壞りなば、後の人かならずりまつらむ。
一片黄朽葉
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
一片緑葉
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
花は淡紅の色たぐふべきものも無く気高く美しくて、いやしげ無く伸びやかに、大さは寸あまりもあるべく、単弁の五に咲きたる、極めてゆかし。
花のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
花紅にして単弁なるもの、珍しからねどの躑躅花のおもむきありと思はる。
花のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
單瓣四片白蓮華
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
單瓣四片
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
自力で道に入るといふことは、白隠のやうな人物ですら容易で無い。吾他力宗は単純に頼むのだ。信ずるのだ。導かれるのだ。凡夫の身をもつて達するのだ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)