“衣裳鞄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いしょうかばん75.0%
いしやうかばん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、それを紛らすために衣裳鞄からポーラルの単衣単帯とを出して着替えたり、脱いだ衣裳を衣紋掛けに掛けたりしていると
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
衣裳鞄を持たせられて後から這入って来た妙子の、近頃に張り切っている血色に比べると、汽車の疲れで、顔に著しいれを見せていた。
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
ち、ざつとなつて、ポンプでくがく、泥水両方ると、ばしやんと衣裳鞄ねかゝつた。運転手台横腹けてんだのである。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
かしたが、元来衣裳鞄催促ではない、ホツキ見舞たのだから、其次第申述べるへ……近処から、おなじく、氷砂糖梅干注意連女性はつた。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)