“衣裳戸棚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いしょうとだな66.7%
クロゼット16.7%
コムモーデ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見たこともないような大きな鏡ばかりの衣裳戸棚げちょろの鏡台、じゅくじゅく音を立てているスティム
旅の絵 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
リゼットは二日ほど葡萄酒は腹に入れないことを話した。廉葡萄酒だけは客のために衣裳戸棚の中に用意してあった。
売春婦リゼット (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
……衣裳戸棚、……、……穴蔵、……料理場……。そうだ。なるほど、あそこだったんだ。……なぜ、気がつかなかったんだろう。あんなたわいもないことになぜ気がつかなかった。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)