“単物”のいろいろな読み方と例文
旧字:單物
読み方割合
ひとえもの85.2%
ひとえ7.4%
ひとへもの7.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飽きるほど著古して襟垢のついた単物よりか、たとひ少し位時節は早くても、袷せを著て出ようと密かに楽しんでゐるのであつた。
散歩 (新字旧仮名) / 水野仙子(著)
紺ぽい麻の単物を着て、唐繻子の細い帯をキチンとしめている盲目のお婆さんは、坊主頭でもいきな顔立ちだった。
単物からセルへうつる時候で、生憎其日は熱いので、長い幕合を涼みがてら廊下に出て居る人が多かつた。
二黒の巳 (新字旧仮名) / 平出修(著)