“留男”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とめおとこ66.7%
とめをとこ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“留男”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
当の二人と二、三人の留男とめおとことはまりになって赤土の泥の中をころげ廻った。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
いくら相手が子供でも、留男とめおとこに出た以上は唯は済みません。
半七捕物帳:68 二人女房 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
助八 えゝ、手前たちこそ毎日毎晩、犬も食はねえ夫婦喧嘩ばかりしてゐやあがつて、その留男とめをとこの役はいつでも誰が勤めると思つてゐるのだ。
権三と助十 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)