“阿蘇”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あそ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“阿蘇”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)100.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話](児童)100.0%
自然科学 > 動物学 > 鳥類66.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
名にし負う耶馬渓やばけいの奇観、霧島のあらたかな峰、阿蘇あそのものすごき噴火など、いずれも九州の大きな自然を語ります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
なかにも阿蘇あそはその外輪山がいりんざん雄大ゆうだいなことにおい世界第一せかいだいゝちといはれてゐる。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)