“あにい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
兄哥81.7%
6.5%
大哥4.8%
哥兄2.7%
哥児1.1%
阿兄1.1%
亭主0.5%
壮佼0.5%
義兄0.5%
阿哥0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「はァて、己れも長兵衛だ、潔く死なしてくれ」の一言を遺して水野の屋敷へ単身に乗ッ込んだ先祖の兄哥を俟つまでもないこと
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
「さうです。貴君のおさんの臨終に居合したたつた一人の人間は私です。お兄さんの遺言を聴いたたつた一人の人間も私です。」
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
小粋なモーニングに山高帽、苦み走った一文字眉、剃立ての顎も青み渡った勇肌哥兄。恭々しく一礼すると
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
時次郎 哥児達に苦情がなければ、あっしはどこへでも飛び込ンますでござんす。
沓掛時次郎 三幕十場 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
店のおかみが笑うと、助阿兄もどうやら理解したらしく、「なんだ、そんなことか……」ときまり悪そうにつぶやいて、そそくさと店を飛び出して行った。
(新字新仮名) / 犬田卯(著)
私は亭主んなに小言を云われたか知れやアしないよ、死んでしまうという置手紙が出たもんだから、死ぬ程のことだのに、様子の知れねえことが有るものかって
あれサ、いから泊んなよ、おらン亭主慈悲深い人だから何も気遣するにゃア及ばねえ、事に依ると単物の一ぐれえくれるぜ、遠慮しねえが宜い、親方が帰ったらが話を
どこも変らず、風呂敷包を首に引掛けた草鞋穿親仁だの、日和下駄で尻端折り、高帽という壮佼などが、四五人境内をぶらぶらして、何を見るやら、どれも仰向いてばかり通る。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「おお、そのお義兄様は、お健康で?」
鸚鵡蔵代首伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
素通し眼鏡をかけたイナセな村の阿哥が走る。「ありゃ好い男だな」と他村の者が評する。耳の届く限り洋々たる歓声いて、理屈屋の石山さんも今日はビラを書き/\莞爾〻〻上機嫌で居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)