“素通”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すどお45.0%
すどほ25.0%
すどおり25.0%
すどほり5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし私はその花をつけた生墻の前にあんまり長いこと立ちもとおっていないで、それに沿うて素通りして来るきりの方が多かった。
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
素通りもなるまいとてずつと這入るに、廊下にばた/\といふおと、さんお銚子をかければ、おをとふ。
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
私のように何も無い者は、生活に疲れて路傍に倒れて居ても、誰一人振向いて見ても呉れない。皆素通して匇々と行って了う。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
『オイ/\、素通不可いよ。』とお大は一段聲を張あげてれつたさうに
絶望 (旧字旧仮名) / 徳田秋声(著)