“せなあ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
兄哥50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
安政本所南割下水んで、祿高した大御番役服部式部へ、本所林町家主惣兵衞店傳平請人で、中間住込んだ、上州瓜井戸うまれの千助ふ、二十二三の
片しぐれ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
にかもせて、しさをらさう、とげぬのではいけれども、昼間さへ、けてつて、三町四方寄附かうと兄哥らぬ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)