“哥兄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あにい71.4%
あんちゃん14.3%
あにき14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、愈々その試験めいたものを受けた時、川上はつく/″\此の毱栗頭哥兄を見て、さて見縊つたやうにかう云つた。
(新字旧仮名) / 久米正雄(著)
日増しの魚や野菜を喰っている江戸ッ子たあ臓腑が違うんだ。玄海の荒海を正面に控えて「襟垢の附かぬ風」に吹きされた哥兄だ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
哥兄や二階で木遣の稽古、音頭取るのがアリヤ良人エンヤラナ……
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)