“兄哥連”の読み方と例文
読み方割合
あにいれん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それで道庵が兄哥連狩催して馬鹿囃子をはじめると、大尽の方では絶世の美人を集めたり、朝鮮の芝居を打ったりして人気を取るのであります。
よく兄哥連に背負われて行ったものだ。喧嘩の仕方なども、祖父から聞いて知っている。然し祖父が足を洗って隠居してからも連中が祖父のところに出入するのを、父は実にがったものだ。
回想録 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
ぞろぞろ行交う派手な兄哥連が何だか俺にさからうような気がする。ささくれ立った気持で急ぎながら俺は思わず、一層のこと闇屋にでもなったろか、と声出していていた。そして俺は愕然とした。
(新字新仮名) / 梅崎春生(著)