回想録かいそうろく
私の父は八十三で亡くなった。昭和九年だったから、私の何歳の時になるか、私は歳というものを殆と気にとめていない。実は結婚する時自分の妻の年も知らなかった。妻も私が何歳であるか訊きもしなかった。亡くなる五 …
作品に特徴的な語句
気魄きはく 香具師やし 呂律ろれつ ちん なまず くさび 混淆こんこう 石膏せっこう くすのき 栄螺さざえ 慴伏しょうふく 布袋ほてい 吾々われわれ 高祖頭巾こそずきん 畸形きけい 山姥やまんば 金箔きんぱく 河豚ふぐ 鍛冶かじ すす 落魄おちぶ 面食めんくら くぬぎ 麝香じゃこう 丁髷ちょんまげ むく 進捗しんちょく 堆積たいせき 白檀びゃくだん 無代ただ さび 飛鳥あすか 夫々それぞれ 障碍しょうがい 妖気ようき 飄逸ひょういつ 魑魅魍魎ちみもうりょう 葭町よしちょう 当嵌あてはま うそ 蝦蟇がま 放擲ほうてき へら たるき 内容なかみ 為来しきた かたわ 嵌込はめこ 蒐集家しゅうしゅうか 荒神こうじん 刀痕とうこん 魴鮄ほうぼう 矮鶏ちゃぼ 往還いきかえ 孟宗竹もうそうちく 畳紙たとうがみ 睨合にらみあい 牙彫げぼり 綴錦つづれにしき 象牙彫ぞうげぼり 拈華微笑ねんげみしょう 曾祖父そうそふ 兆殿司ちょうでんす 蝋燭立ろうそくたて 不空羂索ふくうけんさく 無理遣むりやり 眷々けんけん 御祓おはらい 彫刻師ほりものし 闕腋けってき 救世観音くせかんのん 小兼ちいかね 動勢ムウヴマン 肉合にくあい