“箆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へら89.3%
3.6%
べら3.6%
やがら3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陶戸の中の久米一は、素地を寄せて一心不乱にをとった。ミリ、ミリ、彼の骨が鳴って、の先から血がりはしまいかと思われる。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
伊藤五がおどろいて、そのをぬいて清盛へもって行ってせますと、みの二もあるのみのようなやじりがついていました。清盛はそれをたばかりでふるえがって
鎮西八郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
それで免状をもらって、連隊へ帰って来ると、連隊の方でも不思議に思って、そんな棒な話がある訳のもんじゃねえ、きっと何かの間違だろうッてんで向へ聴合せたんだ。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
150 に固着せしむる紐なるべし。
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)