“べら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それで免状をもらって、連隊へ帰って来ると、連隊の方でも不思議に思って、そんな棒な話がある訳のもんじゃねえ、きっと何かの間違だろうッてんで向へ聴合せたんだ。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
単膏という札がってあります。水銀とか、芫菁とか、それぞれ薬を入れて煉るのです。よく膏薬といいますが、なかなかしっかり出来ていて、それでよくしないます。まあ今のナイフのようです。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)