“簾巻”の読み方と例文
読み方割合
すだれまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
冬の日、紫のお高祖頭巾って、畳紙や筆の簾巻にしたのを持って通ってゆく姿が今でも眼に残っている。
回想録 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)