“簾藤”の読み方と例文
読み方割合
すどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
森川町の草津の湯の傍の簾藤という下宿屋に転じたのはその後であった。この簾藤時代が緑雨の最後の文人生活であった。
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
簾藤へ転じてからこの気風がで変ってしまった。服装も書生風よりはむしろ破落戸——というと語弊があるが、同じ書生風でも堕落書生というような気味合があった。
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)