“哥沢”の読み方と例文
読み方割合
うたざわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
海にむかった室で昼間の一酔に八十翁もよばれてほろよいになると、とてもよい声で、哥沢の「白酒」を、素人にはめずらしいいぶりをした。
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
けれども要するに、それはみんな身過ぎ世過ぎである。川竹の憂き身をかこつ哥沢の糸より細き筆の命毛渡世にする是非なさ……オット大変忘れたり。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
呂昇大隈加賀宝生哥沢追分磯節雑多なものが時々余等の耳に刹那妙音を伝える。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)