“哥沢芝加津”の読み方と例文
読み方割合
うたざわしばかつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八重かくの如く日ごとわがに来りて夕暮近くなる時は、われと共に連れ立ちて芝口哥沢芝加津といふ師匠のまで端唄ならひに行くを常としたり。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)