“雑多”のいろいろな読み方と例文
旧字:雜多
読み方割合
ざった71.4%
ざつた14.3%
ざツた14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何れの信仰でも雑多な信者はある。世界の信者が其信仰を遺憾なく実現したら、世界はに無事に苦んで居るだ。天理教徒にも色々ある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
うかとふと、からいてるか、とも聞取られて、となく其処等ががや/\しす……雑多れて、虚空からへ、めて
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
暗碧白布つてるやうにるのぢやが、にせかれたは六ばかり、の一いてれず、一い、三、このには雑多ぶとえて
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)