妾宅しょうたく
どうしても心から満足して世間一般の趨勢に伴って行くことが出来ないと知ったその日から、彼はとある堀割のほとりなる妾宅にのみ、一人倦みがちなる空想の日を送る事が多くなった。今の世の中には面白い事がなくなったというばかりならまだしもの事、見たくで …
作品に特徴的な語句
きたなら もら そぞろ くわえ たくま ねじ となえ しい 真正まこと とどま さが 許多いくら 彼女かのおんな いたま 火酒ウイスキー あじわい ちいさ かん しも 退しりぞ 二度ふたた ただち 湿 すなわち おおき さなが 岐路わきみち もと じゅつ 引掛ひっかけ なまめ 人好ひとよし 住家じゅうか こわ はず 情夫まぶ きゆ 折曲おりま あかる やっこ 音声のど 零落おちぶれ 居室きょしつ 三度みた あが 過越すご ひきがえる 蕭条しめやか うしろ たん 自然おのず 伝聞きくなら ともな 慰藉なぐさめ こが いさぎ おり こお 押留おしとど きたな ただ ねじ ぷく 有合ありあ うるお たっと 小櫛おぐし ことごと たくみ まき 希臘ギリシヤ 年月ねんげつ のち おもむろ 微笑ほほえみ 戸外おもて 所在しょざい 手枕たまくら つか ひら 苦味にが かお じゃ 行燈あんどう いざな 請負うけおい そらん にぎや から すっぱ なら 飛切とびき