妾宅しょうたく
どうしても心から満足して世間一般の趨勢に伴って行くことが出来ないと知ったその日から、彼はとある堀割のほとりなる妾宅にのみ、一人倦みがちなる空想の日を送る事が多くなった。今の世の中には面白い事がなくなっ …
作品に特徴的な語句
気魄きはく 紫檀したん きず 長火鉢ながひばち 錦絵にしきえ 土耳古トルコ 袖口そでぐち 母家おもや 浪花節なにわぶし 造詣ぞうけい 生木なまき 三度みた 傾城けいせい 友禅ゆうぜん そらん 大尽だいじん 草双紙くさぞうし 小雨こさめ 奢侈しゃし 闇夜やみよ 其角きかく 相俟あいま 花弁はなびら 馬琴ばきん 曲輪くるわ 海鼠なまこ 奥床おくゆか 身顫みぶる 甲羅こうら 海棠かいどう 肱枕ひじまくら 蟄居ちっきょ 快哉かいさい 暮方くれがた ひし 蕭条しめやか 下痢げり 膳立ぜんだて 逢瀬おうせ 今時いまどき 今戸いまど 渋団扇しぶうちわ 生際はえぎわ 下賤げせん 侮辱ぶじょく 庚申塚こうしんづか 手枕たまくら 後毛おくれげ 淫蕩いんとう 千住せんじゅ 豊国とよくに 懐紙かいし しぶ 凡夫ぼんぷ 妾宅しょうたく 長煙管ながギセル 青苔あおごけ 所在しょざい 好加減いいかげん 床柱とこばしら 深川ふかがわ 縁先えんさき 入口いりくち 京伝きょうでん 孔子こうし 先頃さきごろ ひろ 僻見へきけん 新橋しんばし 目出度めでた 苦味にが 町中まちなか たぼ 一茶いっさ 伊太利亜イタリヤ 春雨はるさめ 一中節いっちゅうぶし 松脂まつやに つつ 隠家かくれが 渡世とせい 杉箸すぎばし 衆生しゅじょう 襟頸えりくび 濫觴らんしょう 極彩色ごくさいしき 淫靡いんび 白魚しらうお 追手おって 一思ひとおも 住家じゅうか ささや 涎掛よだれかけ 土方どかた 顧客とくい 虚言うそ 小走こばし 間夫まぶ 鞦韆ぶらんこ 可笑味ユウモア