“押留”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おしと66.7%
おしとど33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“押留”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と呼んで、二階のあがり口へ来ましたのを、押留おしとめるように、とこの中から、
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と云いながら仏壇を持ちて帰ろうといたしますから、助七が押留おしとめまして、
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
しかしこの議論はいつも或る条件をつけて或程度に押留おしとどめて置かなければならぬ。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
PR