兄哥あにい)” の例文
『千兩の褒美はこの清吉がきつと取つて見せる、濟まねえが八兄哥後で文句は言はないでくれ』つて、な言ひ草ぢやありませんか。
「はァて、己れも長兵衛だ、潔く死なしてくれ」の一言を遺して水野の屋敷へ単身に乗ッ込んだ先祖の兄哥を俟つまでもないこと
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
みなまで聞かずに、気も足も早い与吉兄哥、オイきたとばかり、すぐその場からお尻をはしょって、東海道をくだってきたのです。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「ざまあ見ろ、巫女宰取きた兄哥の魂が分るかい。へッ、」と肩をしゃくりながら、ぶらりと見物のを離れた。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
兄哥あにいって立てられるしさ、あたしみたいな者にもおまえさん、道で会うと向うから声をかけて呉れて——
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
きっと、若い野獣のような、すばらしい美丈夫の無頼漢「チャア公兄哥」に成長していることであろう。
チャアリイは何処にいる (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
『アイサ。』と、人影は暗い軒下に立留つて、四邊を憚る樣に答へた。『隣の兄哥か? 早かつたなす。』
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
ここへ雲霧の兄哥と四ツ目屋の新助も一緒に参っておりますから、支度がよかったらすぐ裏口の方から……
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こんな立派な兄哥さんたちが、四人も揃うて、お前さんから、懐中ランプを頂こうというて、わざわざ、お出ましになっとるんじゃ。それでも、楯つくつもりかえ?
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
その前景気のすばらしいことすばらしいこと、お祭り好きの江戸っ子たちはいずれも質を八において、威勢のいい兄哥なぞは、そろいのちりめんゆかたをこしらえるために
「おい、松兄哥垢離場の高物小屋へ仙台の金華山から鯨が泳ぎついたそうだ」
ったれた兄哥
「お前のところにはないだろうが曲者はそれで三郎兵衞を突き殺したよ。——さア、飛んだ無駄をしたね。向うへ行かうか兼吉兄哥
とせきたてられて、泰軒先生、急にこの真夜中に、チョビ安兄哥の手を引いて、はるばる日光へ出発することになったのである。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
蘇子、白居易が雅懐も、倶利迦羅紋紋の兄哥が風流も詮ずるところは同じ境地、忘我の途に踏み入って煩襟を滌うを得ば庶幾は已に何も叶うたのである。
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
もう一人、引解きらしい、汚れた単衣ものに、綟れの三尺で、頬被りした、ずんぐりった赤ら顔の兄哥が一人、のっそり腕組をしてる……
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
『アイサ。』と、人影は暗い軒下に立留つて、四辺を憚る様に答へた。『隣の兄哥か? 早かつたなす。』
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「ねえ、四ツ目屋の兄哥、親分に会おうと思えば、いつでもじきに会われますぜ」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
新造禿、出前持の兄哥、はては目の見えぬ按摩迄が口々にさざめき立てました。
「まア、宜い。與吉兄哥の前だが、岡つ引を相手に大きな口を叩く人間は、大概馬鹿か底拔けの正直者にきまつたものだ。ね、御坊」
人の輪の中に突っ立って、大声にこれを唄うチョビ安兄哥……ひさしぶりのチョビ安だが、その服装がまたたいへんなもので。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
魚友は意気な兄哥で、お来さんが少し思召しがあるほどの男だが、のように魚の腹をまねばならない。
開扉一妖帖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もしそれ南枝の梢に短冊の昔を愛する振舞いに至っては、必ずしも歌句の拙きを嗤うを要せぬ、倶利迦羅紋紋の兄哥にもこの風流あるは寧ろ頼もしからずとせんや。
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
「そうだとも、武松兄哥のいう通りだ。おれっちは根っからの野育ち野郎。そんなものには、縁もゆかりも持ッちゃあいねえや。へん、おもしろくもねえ! 誰か、陽気な唄でもうたえよ!」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
江戸ならば先ず、町の兄哥鳶頭とでも言うところに違いない。
黒助兄哥、怨みのある石見様は隠居した上、御親類中から爪弾きされて、行方不明になってしまった。は討ったも同じことだろう。
ひょんな出入りから国を売ってわらじをはいているように見えるものの、さて顔を眺めると……まぎれもないあさくさ駒形の兄哥つづみの与吉。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
何だって意固地な奴等、放火盗賊、ちょッくらもち、掏摸兄哥、三枚目のゆすりの肩を持つんでしょう。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「しようのねえ婆さんだな。——おいおい小六兄哥
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「幸吉と言って、こいつは親に似ぬ堅い男だ。浅草で小商いをしているのを手繰って、二日前に金富町の留吉兄哥が挙げて来たよ」
これが一つ間違えばどこでも裾をまくってたんかをきる駒形名うての兄哥とは思えないから、栄三郎もつい気を許して
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
もっともこりゃ谷中へ行く前に、お夏さんが呼び出しをかけたその梅岡薬剤兄哥と二人で、休んだ縁もあったんでがすから、その奥座敷へ内証で抱え込んだ折でした。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「小二兄哥。来たからにゃあ、弱音は吹くめえぜ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「幸吉と言つて、こいつは親に似ぬ堅い男だ。淺草で小商ひをしてゐるのを手繰つて、二日前に金富町の留吉兄哥が擧げて來たよ」
ゆうき木綿単衣に、そろばん絞りの三尺を、腰の下に横ちょに結んで、こいつ、ちょいとした兄哥振りなんです。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
……消防手御免よ。兄哥るな。金屏風に、おかめ、ひよつとこ、くりからもん/\のぬぎ、あぐら、には素裸るではないか。其處江戸だい。おだ。
祭のこと (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「オオ雲霧の兄哥もここに……」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黒助兄哥、怨みのある石見樣は隱居した上、御親類中から爪彈きされて、行方不明になつて了つた。敵は討つたも同じことだらう。
果たして、良人しき女の同伴が飛んで来て、礼よりさきにどしんと一つ与吉を突きとばしたのは駒形の兄哥一代の失策、時にとってのとんだ茶番であった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
これはまた学問をしなそうな兄哥が、二七講の景気づけに、縁日のは縁起を祝って、御堂一室処で、三宝を据えて、頼母子を営む、……世話方で居残ると……お燈明の消々
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ちょいと立会って貰いたいことがある。板倉屋は清吉兄哥に任せて、ほんの四半刻清川へお顔を貸して下さい——と丁寧に言うんだぜ」
いい兄哥が、橋の下の乞食小屋のまえにすわって、しきりにぺこぺこおじぎをしているから、橋の上から見おろした人が、世の中は下には下があると思って、驚いている。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
で、優柔しく頬被りを取った顔を、と見ると迷惑どころかい、目鼻立ちのきりりとした、細面の、は見えるけれども、目の清らかな、眉の濃い、二十八九の人品兄哥である。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
御屋敷の新造が解つた方で、——三好屋の知合ひで、風流氣のある方があつたら、是非御一緒に——と斯う言ふのぢや、何うだな、八五郎兄哥
浅草駒形兄哥、つづみの与吉とともに、彼の仲間の大姐御、尺取り横町の櫛巻の意気な住居に、こけ猿、くだらないがらくたのように、ごろんところがっているんです。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
名物と云えば、も一ツその早瀬塾の若いもので、これが煮焼、拭掃除、万端世話をするのであるが、通例なら学僕と云う処、兄哥で、鼻唄をえばと云っても学問をするのでない。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
御屋敷の新造が解った方で、——三好屋の知合いで、風流気のある方があったら、ぜひ御一緒に——とこう言うのじゃ、どうだな、八五郎兄哥
急にい声を出した、饂飩屋に飲む博多節の兄哥は、霜の上の燗酒で、月あかりに直ぐめる、色の白いのもそのままであったが、二三杯、呷切の茶碗酒で、目のへ、が出た。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「勘兄哥じゃねえかしら。」
おや、八五郎兄哥、いつも元気で結構だね。——用事というのは、あっしが持込んで来たんだが、きのう雑司に厄介な殺しがあったのさ。