丹下左膳たんげさぜん03 日光の巻03 にっこうのまき
ふしぎなことがある。 左膳がこの焼け跡へかけつけたとき、いろいろと彼が、火事の模様などをきいた町人風の男があった。 そのほか。 近所の者らしい百姓風や商人体が、焼け跡をとりまいて、ワイワイと言っていた …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 燭台しょくだい やじり 牡蠣かき 恰幅かっぷく 裏店うらだな 溝板みぞいた 駿河するが 唐桟とうざん 御褒美ごほうび 眉宇びう 一期いちご あん 遮二無二しゃにむに あさひ 母娘おやこ 孤児みなしご あかね 母家おもや 人非人ひとでなし 和睦わぼく 先途せんど 清冽せいれつ 困憊こんぱい 百日紅さるすべり 淙々そうそう さば 偏頗へんぱ 十重二十重とえはたえ 筑紫つくし 何刻なんどき 八百屋やおや 重畳ちょうじょう 大胡坐おおあぐら 渾身こんしん 谷間たにあい 山麓さんろく 天秤棒てんびんぼう 幸先さいさき 縁起えんぎ 居士こじ 素袷すあわせ 言下ごんか 頑張がんば 御仁ごじん 烏合うごう 鳶口とびぐち 手古摺てこず 上気のぼ さん 硯箱すずりばこ 衣桁いこう 癇癖かんぺき せん 同時どうじ 昏々こんこん 元和げんな 定紋じょうもん 直々じきじき 二間ふたま だね 乾坤けんこん 姐御あねご 小手こて 拍子木ひょうしぎ 浅草あさくさ 宵闇よいやみ 蝶番ちょうつがい かじ 稀代きだい 粗朶そだ 総帥そうすい 鯉口こいくち かつら のき はま しぼ 地団駄じだんだ 外様とざま 惻々そくそく 真顔まがお すみ 看破みやぶ とりこ ささ 関羽かんう 爪立つまだ 栄耀えいよう 阿修羅あしゅら とく 上眼うわめ 不知火しらぬい 仕草しぐさ 唐天竺からてんじく 抹香まっこう 水干すいかん 眼尻めじり 舌打したう 潜戸くぐり
題名が同じ作品
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名)林不忘 (著)
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名)林不忘 (著)