丹下左膳たんげさぜん03 日光の巻03 にっこうのまき
ふしぎなことがある。 左膳がこの焼け跡へかけつけたとき、いろいろと彼が、火事の模様などをきいた町人風の男があった。 そのほか。 近所の者らしい百姓風や商人体が、焼け跡をとりまいて、ワイワイと言っていたが。 この客人大権現の森を出はずれ、銀の …
作品に特徴的な語句
むげ かた さい つえ おふくろ はらん なげ ゆい 日光あっち 方法みち かた 微笑えみ きょく もの 地下ちのした ごう 合点こっくり ぺい しり ちゃん 父親ちゃん われ ふくろ げん なお しょう 洒落しゃら 服装つくり くれ ごん かい あか 態度こなし 婦人おなご しも しゃ 父上ちゃん 街道みち とっ たか かん げん むけ 遺跡あとめ 家内なか 命令いいつ 交互たがい もろこし 旅宿はたご 屋棟やむね めえ 費用ものいり はつ よく きょく 稼業しょうべえ せい ひと 先祖おおおや ざる にわ っか くう がら めえ 戸外こがい 腹這はらんば 白布はくふ ぬの 看病みとり 本社ほんしゃ そく たわ すけ 鋲打びょうう 前方まえ しん ちょう 芸術たくみ かご せん 闇中やみ 先刻せんこく 兄哥にい あん ちゃく 犠牲にえ
題名が同じ作品
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名)林不忘 (著)
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名)林不忘 (著)