菎蒻本こんにゃくぼん
如月のはじめから三月の末へかけて、まだしっとりと春雨にならぬ間を、毎日のように風が続いた。北も南も吹荒んで、戸障子を煽つ、柱を揺ぶる、屋根を鳴らす、物干棹を刎飛ばす——荒磯や、奥山家、都会離れた国々では、もっとも熊を射た、鯨を突いた、祟りの …
作品に特徴的な語句
てまえ 尖端とっぱずれ どめ みち あわい ひとも あたたま 明白あかり 明白あかし のめ ちび 生暖なまあったか コンコン てめえ どおり わっし 頭髪ずはつ さが にぎわい 突懸つっかけ さみ がい かつ あかり ふか あま 遣放やりッぱな まがい たたかい しゃく 三絃いと 何方どなた 寂然しん 無言だんまり ごも じっ めえ 恐怖こわ ほっそ 絹物やわらかもの 追付おッつ 這奴しゃ 摺合すりあわ 蓬々おどろおどろ 虐殺なぶりごろ 遣放やりはな むす おおき あが しん まみえ とう 乗掛のっかか かしこま 什麽そもさん 硝子ビイドロ におい くう 顔色かおつき だま すく ともしび あやし くれない 雨気あまげ なまめ しぼり まつ へり やさ 可哀あわれ とお あら ことわ やわら 散髪ざんぎり やっこ かさ 夜半よわ さき おもんみ はま かすか あらわ 引抱ひんだ 引裂ひっさ 彩色いろどり 思召おぼしめし 恍惚うっとり かなし なが 袖畳そでだたみ てら