“吹溜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふきだま55.6%
ふきたま22.2%
ふきだまり11.1%
ふきた11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
凍りついた引戸を無理にあけると、廊下のコンクリートの路面から二位も積み上った吹溜りの雪が、ぼろぼろとコンクリートの上へこぼれ落ちて来るのであった。
雪雑記 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
座中は目で探って、やっと一人の膝、誰かの胸、別のまたのあたり、片袖などが、風で吹溜ったように、断々に見える。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
門から玄関につづく並木道に長い吹溜が出来て、それがもう誰の頭よりも高くなったのを、如何にも楽しみらしく見守るのであった。
すらりと飯櫃形の猿ヶ馬場に、吹溜まった落葉を敷いて、閑々と静まりかえった、れ井戸には桔梗が咲き、女郎花が交ったは、薄彩色のようで、上座に猿丸太夫、眷属ずらりと居流れ
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)